MENU

エクオールと大豆イソフラボンの違いを理解しよう!

エクオールは大豆イソフラボンを摂ることで作られるので、
一緒のものだと思っている人が多いですが、実は大きな違いがあるんです。

 

その違いをしっかりと理解していないと更年期障害を治せない可能性があります。
ここでは、そんなエクオールと大豆イソフラボンの違いについてお話しています。
エクオールで更年期障害を治したい人はチェックしておいた方がいいですよ!

大豆イソフラボンとエクオールのおさらい

エクオールと大豆イソフラボンの違いについて説明する前に
そもそもこれらはどういった成分なのか正しく理解しておく必要があります。

 

まず、大豆製品から摂れるのが大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンは納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品に豊富に含まれており、
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。

 

一方、エクオールは大豆イソフラボンのダイゼインが腸内細菌の影響を受けて変化した成分です。
大豆イソフラボンと同じくエストロゲンと似た働きをします。

 

広く考えるとエクオールのおおもとは大豆イソフラボンなので、一緒の成分だともいえます。

エクオールと大豆イソフラボンの違いについて正しく理解しておく必要があります。

まず、大豆製品から摂れるのが大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンは納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品に豊富に含まれており、
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。

 

一方、エクオールは大豆イソフラボンのダイゼインが腸内細菌の影響を受けて変化した成分です。
大豆イソフラボンと同じくエストロゲンと似た働きをします。

 

広く考えるとエクオールのおおもとは大豆イソフラボンなので、一緒の成分だともいえます。

 

エクオールも大豆イソフラボンもエストロゲンの分泌を促す働きがあるので、どちらも更年期障害にいいといわれています。

 

しかし、効果を比較した場合、エクオールの方が上です!

 

大豆イソフラボンよりもエクオールの方がエストロゲンに似ているため、女性ホルモンに強く作用します。

 

しかし、ここで問題となるのがエクオールを作れない人がいるということ。
腸内細菌を持っていないといくら大豆イソフラボンを摂ってもエクオールを作ることができないのです。
残念ながら腸内細菌を持っている人は日本人の2人に1人しかいません。
半数の人はエクオールを作れないので、エクオールの効果を得られる人は限られています。
欧米人は大豆製品を食べる機会が少ないため、もっと割合が少なく、3人〜4人に1人程度です。

 

また、エクオールの生成量にも個人差あります。
腸内細菌を持っていてもたくさんエクオールを作れる人もいれば、あまり作れない人もいます。

 

私が飲んでるエクオールはこれです^^