MENU

エクオールとエストロゲン治療の違いにせまる

エクオールもエストロゲン治療も更年期障害の改善に効果を発揮します。
ただ、エクオールにはあってエストロゲン治療にはない効果があります。
どちらを利用した方がいいのか判断するためにもエクオールとエストロゲン治療の違いについて理解しておきましょうね。

エストロゲン治療は更年期障害に高い効果を発揮するけど……

エストロゲン治療とはエストロゲンを直接体内に取り込むホルモン補充療法です。
エストロゲンをそのまま入れて不足分を補うので、
エストロゲンの減少が原因で発症する更年期障害や骨粗しょう症などの改善に高い効果を発揮します。
エクオールでもエストロゲンを補うことができますが、効果はエストロゲン治療の方が上!

 

それならエクオールを摂るよりもエストロゲン治療を受けた方がいいような気がしますよね。
効果のみを考えるなら間違っていませんが、エストロゲン治療には見逃せない問題があります。
実はエストロゲンには女性特有の病気である乳がんや子宮体がんのリスクを高める作用もあるのです。
せっかくエストロゲン治療で更年期障害が治ってもそうした病気を発症してしまったら元も子もないですよね……。

 

また、エストロゲンは乳がんや子宮体がんだけではなく、
心筋梗塞、脳梗塞、肺梗塞などの血栓による病気のリスクも高めてしまいます。
エストロゲン治療には様々な病気のリスクを高めてしまう危険性があるので、
人によっては受けられない場合もあるというのを覚えておいてください。
たとえば、乳がんや子宮体がんの治療経験がある人は受けることができません。

 

私が飲んでるエクオールはこれです^^